ドラゴンタイガー

 

みなさんはドラゴンタイガーというカジノゲームはご存知でしょうか?日本ではそこまでメジャーではないですが、中国を中心にアジア圏で根強い人気を誇っています。

どういうゲームかというと、バカラをとても簡単にしたカジノゲームです。バカラで言うプレイヤー&バンカーのようにドラゴン&タイガーに配られるカードの数字の優劣を予想して賭けます。

とてもシンプルなゲームなので初心者の方にもおすすめです。

今回は、ドラゴンタイガーの基本ルールから必勝法までご紹介していききますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドラゴンタイガーとは?

ドラゴンタイガーはカンボジアで生まれました。当時、世界中で人気を集めていたバカラをもう少し簡単にした誰でも楽しめるカジノゲームを作ろうと言うことで、ドラゴンタイガー(dragon tiger)が誕生しました。

そして、その簡単なゲーム性(ルール)から、特にアジア圏で大人気となりました。初めてカジノゲームに参加する人のネガティブ要素は「ルールがわからない」というものが多いですが、ドラゴンタイガーはその場でテーブルを眺めているだけでもルールを理解できるシンプルなゲームです。ドラゴンか、タイガーかどちらが勝つか予想するだけなので、聞いただけでも簡単ですよね。

1.ドラゴンタイガーのルール

ドラゴンタイガーはトランプゲームで、ジョーカーを除いた52枚のカード使用します。プレイヤーは、ドラゴンかタイガーがどちらが勝つかを予想してベットします。もしくは引き分けになると予想してタイにベットすることも可能です。

勝敗はカードの数字の強さで決定します。Kが一番強く、Aが一番弱いです。出たカードが同点だった場合は「タイ」となり、同点でスーツ(マーク)も一緒だった場合はスーテッド・タイとなります。

2.ドラゴンタイガーのゲームの流れ

ゲームの流れは、バカラとほぼ変わりません。違うのは配られるカードの枚数だけです。

 

①ベットする

まず、ドラゴン、タイガー、タイ、スーテッド・タイのいずれかにベットします。スーテッド・タイはバカラにはない賭け方で、数字とマークが一致する場合なのでかなり、出現率が低いです。

 

スーテッド・タイを的中させるのはかなり難しいので、単独でベットするより、タイが来そうな時にタイとスーテッド・タイのどちらもに賭けるというのがいいでしょう。

 

②カードが配られ、勝敗が決まる

時間になったらドラゴン・タイガーに1枚ずつカードが配られ、勝敗が決まります。

 

基本的なドラゴンタイガーのゲームの流れは以上のようなシンプルなものになっています。

3.ベットの方法と配当率

予想を的中させると、ベットしたチップの額に応じて配当を受け取ります。テーブルやカジノによって異なりますが、基本的な配当やベット方法は以下の通りです。

 

・ドラゴン

【配当】1:1

ドラゴンの勝ちに賭けるベット方法です。

・タイガー

【配当】1:1

タイガーの勝ちに賭けるベット方法です。

・タイ

【配当】8:1

引き分けに賭けるベット方法です。

 

・スーテッドタイ

【配当】50:1

同じマークでかつ、引き分けに賭けるベット方法です。

 

・ドラゴンビック

【配当】1:1

ドラゴンのカードが「8・9・10・J・Q・K」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・ドラゴンスモール

【配当】1:1

ドラゴンのカードが「A・2・3・4・5・6」が出ることに賭けるベット方法です。

・タイガービック

【配当】1:1

タイガーのカードが「8・9・10・J・Q・K」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・タイガースモール

【配当】1:1

タイガーのカードが「A・2・3・4・5・6」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・ドラゴン奇数

【配当】1:1

ドラゴンのカードが「A・3・5・9・J・K」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・ドラゴン偶数

【配当】1:1

ドラゴンのカードが「2・4・6・8・10・Q」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・タイガー奇数

【配当】1:1

タイガーのカードが「A・3・5・9・J・K」が出ることに賭けるベット方法です。

 

・タイガー偶数

【配当】1:1

ドラゴンのカードが「2・4・6・8・10・Q」が出ることに賭けるベット方法です。

 

注意したいのが、ビックスモールもそうですが、奇数偶数を当てる際に「7」が出ると、チップは無条件で没収されてしまいます。

4.ドラゴンタイガーゲームの必勝法

ここからは、タイガー ドラゴンを遊ぶのにピッタリの必勝法や各ベット方法による勝ちやすさをご紹介します。

 

ドラゴンタイガーのベット方法別の控除率

カジノゲームがどのくらい勝ちやすいのかは、そのゲームや賭け方の「控除率」から判断できます。

控除率とは、プレイヤーがベットした金額のうち、どのくらいの割合をカジノ側の収益として回収しているかを表す数字です。

控除率が高いということは、その分プレイヤーに配当として渡している金額が少ないということなので、プレイヤーが負ける確率が高いゲームということになります。

 

ドラゴンタイガーはベット方法によって勝率、控除率が以下のように変化します。

 

・ドラゴンorタイガー 控除率3.73%

・タイ 控除率17.83%

・サイドベット(ビッグ・スモール、偶数・奇数) 控除率7.69%

 

控除率が低く、もっとも勝ちやすいのはベーシックなベット方法であるドラゴン・タイガーでの賭け方です。

ビッグ・スモールや偶数・奇数も2択でのベット方法ではありますが、やや控除率が高いため、基本戦略はドラゴン・タイガーでのベットがおすすめだといえるでしょう。

 

 

また、タイに関してはオンラインカジノのゲームのなかでもかなり高い控除率となっていますので、タイへのベットを頻繁におこなうと高い確率で負け越してしまうため、ここぞというタイミングでベットするのが良いでしょう。

 

罫線

「罫線」とは、過去ゲームの結果をまとめた表です。

 

ドラゴンタイガーでは、ドラゴン・タイガーどちらかの勝利が連続したり、ドラゴンが1回、タイガーが1回といったような特徴的なパターンが連続することもあります。

 

罫線はこのような、出目の偏りや場の流れが把握しやすくなる、ドラゴンタイガーには欠かせない必須ツールです。

大路を見ればゲーム傾向をヒントに次を予想することができるのです。

罫線は他にも大眼仔(ダイガンチャイ)や小路(シュウロ)等がありますので、ぜひ自分なりに研究して、相性のいい罫線を見つけてみてくださいね。

 

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、最も有名な必勝法です。負けたら前回の賭け金を倍額にするというシンプルなものですが、1回でも勝つことができれば、今まで負けていた損失額を取り戻すことができます。この手法は連敗すれば、賭け金がどんどん増えますが、勝っても利益が少ないのでミドルリスク・ローリターンな必勝法です。

 

例えば、1回目に負けたら、次のゲームで2ドル賭けます。 さらに負けたら、次は4ドル。 4ドルでも負けたら、次は8ドル。賭け金が16ドルとなったゲームで勝った場合、32ドルが手元に戻ってきます。

 

これまでの合計賭け金は、31ドル(1+2+4+8+16)になるので、 1ドルの利益が出ました。 つまり、連敗していても1勝さえすればそれまでの負けを全部取り戻し、スタートした時の賭け金が利益になります。

 

マーチンゲール法のメリットは、

・連敗が続いても、1度勝てば全ての損失額が取り戻せる。

・簡単なルールなので、初心者でも簡単に使用することができる。

 

逆に、マーチンゲール法のデメリットは、

・資金に限界があるので、負け続けると取り返すことができない。

・連敗が続くと、勝利までの心理的負担が大きい。

・各ゲームでは最大ベット額に制限がある。

 

パーレー法

パーレー法は一気に稼ぎたい方にオススメの必勝法です。

パーレー法は、勝ったら前回の賭け金を倍賭けする必勝法で、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。連勝すると賭け金が倍々と増えていくので、流れに乗ると大きな利益を出すことができます。

負けた場合は賭け金が増えず、勝てば利益がどんどん増えていくのでローリスク・ミドルリターンな必勝法です。

 

例えば、スタートの賭け金を1ドルとした場合、5連勝したとします。

 

1回目で勝てば、次ゲームで1×2=2ドル賭けます。 さらに勝てば、次は2×2=4ドル。 3回目も勝てば、次は4×2=8ドル。 4回目、5回目も勝てば、同様の手順で倍賭けしていきます。結果、5連勝で31ドルもの利益になります。

 

 『勝てば倍賭け』というシンプルなルールなので、初心者の方でも簡単に覚えられますね。

 

パーレー法のメリットとしては、

・連勝すればするほど大きな利益になる。

・短時間で稼ぐことができる。

・シンプルなルールなので、誰でも使うことができる。

 

パーレー法のデメリット

 

・1回でも負けると収益はマイナスになってしまう。

グッドマン法(1.2.3.5法)

グッドマン法(1235法)はその名の通り、賭け金を「1,2,3,5」を順に増やしていく必勝法です。

この必勝法は連勝が続いた時に利益を伸ばせるので、調子が良い時に使いたい手法です。

 

例えば、スタートの賭け金を1ドルとした場合、勝つと次のゲーム2ドル、さらに勝つと3ドルと賭け金を増やしていきます。次に勝つと、この手法の最高額である5ドルまであげ、その後は負けるまで5ドルで固定します。

 

グッドマン法は、比較的ローリスクで利益を増やすことができます。勝ち続けたとしても、賭け金は5ドルと据置きとなるので、大きなリスクをとる必要がありませんし、2連勝後であれば1回負けても損失はでません。

 

一方、グッドマン法は損失が膨らむと取り返す事が難しくなってしまいます。

グッドマン法は、そもそも3連勝目を掴めないと損失が出てしまうので、勝ち負けが交互に続いたり、連勝があっても2つしか続かないとなると、利益を出すことが難しくなり、じりじりと資金を減らすことになってしまいます。

 

損失が膨らめば膨らむほど、連勝回数がより多くならないと、利益に繋がらないのでグッドマン法で損失を取り戻すのが難しいという時は、マーチンゲール法などに切り替えるといいでしょう。

5. ドラゴンタイガーを遊ぶならこのカジノ

ここからは、ドラゴンタイガーを遊ぶのにオススメのオンラインカジノをご紹介します。

 

10ベット

10ベットは、2003年に設立されたかなり老舗のオンラインカジノサイトです。そして、2017年に大幅なサイトリニューアルが行われ、大変多くのゲームが追加されたり、使いやすい洗練されたデザインになったりと、非常に遊びやすいオンラインカジノです。

ドラゴンタイガーはもちろんライブでも楽しまめますし、10ベットはスポーツベットも1つのアカウントで遊べるという特徴もあります。

初心者の方にもおすすめのオンラインカジノと言えるでしょう。

ジョイカジノ

ジョイカジノは人気サイトである、カジノエックスの姉妹カジノとして2014年に設立され、日本市場には2016年から参入しています。

ジョイカジノの特徴はなんといっても、プロモーションの豊富さにあります。

プレイヤー同士で勝利額などを争うトーナメントや、入金すると貰える「宝くじ」、特定のアクションを起こすと入金不要ボーナス(無料ボーナス)が貰えるアチーブメントなど、一般の方にもハイローラーの方にもおススメのカジノです。

dragon tigerを遊びながら、お得なイベントやキャンペーンに参加できますよ。

 

ラッキーニッキー

ボーナスやキャンペーンが豊富なラッキーニッキーもドラゴン&タイガーを遊ぶならおすすめです。様々な種類のボーナスがあるので、ドラゴンタイガー以外にもフリースピンなども楽しめます。日替わりプロモなどもあり、飽きない設計となっています。

キュートな女性キャラのNikiがマスコットのオンラインカジノで、そのフレンドリーなイメージから日本人にも大人気となっており、おすすめのオンラインカジノです。

まとめ

カンボジア生まれのドラゴンタイガーは、カードの出目を見ながらプレイするバカラのようでもあり、丁半博打のようでもある、シンプルなカードゲームです。

 

カジノ初心者でも上級者でも一緒になって、楽しめるゲームである事は最大の魅力のひとつと言えるでしょう。

そして、そのシンプルなゲーム性から、色々な必勝法も使えますので、比較的勝ちやすいゲームと言えます。

是非一度、バカラをプレイする前に遊んでみてくださいね。

JAPAN-101から30ドル分の入金不要ボーナスをゲット!

お名前とメールアドレスを登録するだけで、JAPAN-101限定の30ドル分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!お得なカジノボーナス情報もメールでお知らせします!

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!