グッドマン法(1235法)

 

グッドマン法は別名1235法とも呼ばれるカジノ必勝法の一つです。数ある必勝法の中でも特に手堅く、堅実に勝っていくことができるどちらかというとディフェンシブな必勝法になっています。

カジノをプレイするなら、大勝ちもいいけど堅実にゲームを進めるのが好きなプレイヤーも多いのではないでしょうか。

今回はそんなグッドマン法(1235法)の使い方や、やり方、検証結果などを解説し、グッドマン法を使うのにオススメのオンラインカジノまでご紹介します。

グッドマン法とは?

システムベッティングの中にはいろいろなタイプのものがありますが、その中でも守りの戦略として知られているのがグッドマン法です。勝利時や連勝時の利益を手元に少しずつ残しながら攻めていく、ディフェンス型のカジノ勝ち方として知られています。

ルールとしては、その名の通り1→2→3→5という風にベット額を増やしていくというシンプルなものなので、初心者の方でも非常に使いやすい必勝法となっています。

グッドマン法が使えるゲームは?

グッドマン法は、配当が2倍で勝率50%のゲームで使用可能です。ルーレットで言えば、「赤黒賭け・ハイロー賭け・奇数偶数賭け」の3点で使っていきましょう。ブラックジャックでは基本的にプレイヤーとディーラーの勝負になるので、勝率約50%なのでブラックジャックでもグッドマン法を使うことができます。

バカラでは引き分け(タイ)を除いた場合、バンカー・プレイヤーの2択なので、使用可能です。

ただし、通常のコミッションバカラであればバンカーに賭けてバンカーが勝つと手数料5%が取られるので、ノーコミッションバカラならなお良いです。

1.グッドマン法のやり方

では、実際にグッドマン法の使い方、やり方を解説していきます。グッドマン法は、マーチンゲール法などの損失回収の手法とは違い、勝った時に使う手法なので、必ず勝ったタイミングで使用しましょう。

①ゲームに勝つとグッドマン法を開始

グッドマン法では勝つ度に賭け金を増やしていきます。

この際、増やす賭け金は「1→2→3→5」と一定の決まった金額を増やしていきます。

例)1ドル→2ドル→3ドル→5ドル

というように、決まった順番にベット額を上げていきます。

 

②ベット額が5ドルまで上がれば、以降も5ドルを賭け続ける

グッドマン法ではベット額の最大である5ドルの上限となった後も勝ち続ける限り、5ドルを賭け続けます。

こうすることでベット額が高騰しすぎず、リスクを取りすぎることなく、ゲームを進めていくことができます。

 

③負けた場合は、1ドルから再スタート

もし、ゲームに負けてしまった場合には、どのタイミングであったとしても、再度1ドルからスタートします。そしてまた勝った場合には「1→2→3→5」と勝つたびにベット額を使上げていくという流れです。

これだけの非常にシンプルな必勝法ですが、リスクの取り方や連勝時のリターンなどバランスのいい必勝法と言えるでしょう。

2.グッドマン法のシミュレーション

グッドマン法の使い方は分かりましたね。では実際に、グッドマン法を使った際の損益はどのようになるのでしょうか。シミュレーションしてみます。

5勝5敗のパターン

【基本ベット額:1ドル 勝率50%のゲーム】

回数 ベット額 結果 配当 損益
1 1ドル 負け 0ドル -1ドル
2 1ドル 負け 0ドル -2ドル
3 1ドル 勝ち 2ドル -1ドル
4 2ドル 勝ち 4ドル +1ドル
5 3ドル 勝ち 6ドル +4ドル
6 5ドル 勝ち 10ドル +9ドル
7 5ドル 勝ち 10ドル +14ドル
8 5ドル 負け 0ドル +9ドル
9 1ドル 負け 0ドル +8ドル
10 1ドル 負け 0ドル +7ドル

 

この例では、勝率は50%ですが、最終的に利益を残せています。これは、3ゲーム目から7ゲーム目まで連勝したことで、利益を重ねることができたためです。そのため、8ゲーム以降に3連敗したとしても利益が残る結果となっています。

このように勝ち負けが同数の場合でも利益を獲得できるのが、グッドマン法の利点の1つです。

勝ち負けが交互のパターン

【基本ベット額:1ドル 勝率50%のゲーム】

回数 ベット額 結果 配当 損益
1 1ドル 負け 0ドル -1ドル
2 1ドル 勝ち 2ドル ±0ドル
3 2ドル 負け 0ドル -2ドル
4 1ドル 勝ち 2ドル -1ドル
5 2ドル 負け 0ドル -3ドル
6 1ドル 勝ち 2ドル -2ドル
7 2ドル 負け 0ドル -4ドル
8 1ドル 勝ち 2ドル -3ドル
9 2ドル 負け 0ドル -5ドル
10 1ドル 勝ち 2ドル -4ドル

 

このように勝ち負けが交互に訪れた場合、負けるときのベット額は2ドル、勝つときのベット額は1ドルとなります。つまり、勝った時の配当2ドルだけになるので、損失額を回収できず、ズルズルと損失をふくらますことになります。

基本的にグッドマン法では、勝率50%で利益が出るように設計されていますが、このように勝ち負けが交互に続いた場合は、不利なパターンとなってしまいます。

3.グッドマン法のメリット・デメリット

どの必勝法にもメリットとデメリットがあります。ここでは、グッドマン法のメリットとデメリットをご紹介します。

グッドマン法のメリット

勝率50%でも利益を残せる

カジノゲームで多くある2倍配当のゲームでは確率的には勝率50%で、勝ち数と負け数が同じになります。この場合、普通に同額をベットし続けると、±0となりカジノ側の控除などが少しでもあると、マイナスになってしまいます。

しかし、グッドマン法では勝率50%でも利益が出る仕組みとなっています。特に、最初に連勝、後半に連敗が続いた時はグッドマン法の勝ちパターンであり、最も利益が残りやすくなります。

また、最初に連勝してしまえば、あとで負けの数の方が多くなったとしても利益を残すことが可能となっています。

連敗が続いたとしても大きな損失にならない

グッドマン法は、勝ち始めると威力を出す必勝法です。さらに、負けが続いている場合はベット額は1ドルに固定されるのでリスクを最小限に抑えることができます。ほとんどの場合、負けが続いたとしても、連勝できれば利益を残すことができるので、戦略的に稼ぐことが可能です。

リスクが低いので、精神的なプレッシャーが少ないのもグッドマン法のメリットと言えるでしょう。

ルールがシンプルで誰でもすぐにできる

グッドマン法はご紹介した通り、ベット額を「1→2→3→5」と勝つたびに上げていくだけなので、初心者の方でもすぐに使用することができます。

また、グッドマン法はベット額が最大でも5ドルにしかならないため、損失額が大きくなるという危険性がありません。したがって資金が少ない、またはリスクをあまり取りたくないという初心者の方にオススメの必勝法です。

 

グッドマン法のデメリット

勝率50%でも損失が出る場合がある

先程シミュレーションしてご紹介しましたが、グッドマン法は勝率50%だったとしても、損失が出てしまう場合があります。勝ち負けが交互にくるパターンだと、じりじりと資金を減らす展開になってしまいます。

そのような展開の場合は思い切ってグッドマン法をやめ、マーチンゲール法など他の必勝法に切り替えた方がいいでしょう。

増えるのに時間が掛かる

グッドマン法はディフェンシブな必勝法であり、ベット額が最高5ドルまでしか上がりません。リスクを抑えるため、コツコツを稼がなければいけないのでまとまった利益を獲得するには長くゲームをプレイする必要があります。

6勝4敗と勝ち越した時の、損益を見てみましょう。

回数 ベット額 結果 配当 損益
1 1ドル 勝ち 2ドル +1ドル
2 2ドル 負け 0ドル -1ドル
3 1ドル 負け 0ドル -2ドル
4 1ドル 勝ち 2ドル -1ドル
5 2ドル 勝ち 4ドル +1ドル
6 3ドル 負け 0ドル -2ドル
7 1ドル 勝ち 2ドル -1ドル
8 2ドル 勝ち 4ドル +3ドル
9 3ドル 負け 0ドル ±0ドル
10 1ドル 勝ち 2ドル +1ドル

 

このような展開はカジノゲームではよくあると思います。しかし、グッドマン法はこのような展開だと中々利益が出しづらく、かなり時間がかかるのが分かります。

連勝が続き、リスクを取って一気に稼ぎたい場合は、パーレー法などの必勝法を使うのがいいでしょう。

他の必勝法と比べると大きく勝つのが難しい

グッドマン法は、ディフェンシブな必勝法なので他の必勝法と比べると、どうしても大きく勝つことが難しくなります。

ハイリターンの手法である逆マーチンゲールとも言われるパーレー法とそのパーレー法を2倍プラスαしてベット額を増やしていくグランパーレー法と10連勝した場合で比較してみます。

・グッドマン法

【基本ベット額:1ドル 勝率50%のゲーム】

回数 ベット額 結果 損益
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 2ドル 勝ち +3ドル
3 3ドル 勝ち +6ドル
4 5ドル 勝ち +11ドル
5 5ドル 勝ち +16ドル
6 5ドル 勝ち +21ドル
7 5ドル 勝ち +26ドル
8 5ドル 勝ち +31ドル
9 5ドル 勝ち +36ドル
10 5ドル 勝ち +41ドル

 

・パーレー法

【基本ベット額:1ドル 勝率50%のゲーム】

回数 ベット額 結果 損益
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 2ドル 勝ち +3ドル
3 4ドル 勝ち +7ドル
4 8ドル 勝ち +15ドル
5 16ドル 勝ち +31ドル
6 32ドル 勝ち +63ドル
7 64ドル 勝ち +127ドル
8 128ドル 勝ち +255ドル
9 256ドル 勝ち +511ドル
10 512ドル 勝ち +1023ドル

 

・グランパーレー法

【基本ベット額:1ドル 勝率50%のゲーム】

回数 ベット額 結果 損益
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 3ドル 勝ち +4ドル
3 7ドル 勝ち +11ドル
4 15ドル 勝ち +26ドル
5 31ドル 勝ち +57ドル
6 63ドル 勝ち +120ドル
7 127ドル 勝ち +247ドル
8 255ドル 勝ち +502ドル
9 511ドル 勝ち +1013ドル
10 1023ドル 勝ち +2036ドル

 

最終の損益を見ると、

・グッドマン法 +41ドル

・パーレー法 +1023ドル

・グランパーレー法 +2036ドル

このように大きな差となりました。したがって連勝が続く場合はパーレー法などに切り替えるのが良いと言えるでしょう。

4.グッドマン法を試すならこのカジノ

では実際にグッドマン法を試す際に、オススメのオンラインカジノをご紹介します。

ベラジョンカジノ

やはり外すことが出来ないのがベラジョンカジノです。オンラインカジノで今現在、一番人気と言われるベラジョンカジノですが、日本人向けの手厚いサポートやわかりやすいサイト設計となっており、非常に遊びやすい環境となっています。

ライブカジノも豊富に用意されておりあらゆるゲームを楽しむことができるので、思う存分グッドマン法を試すことができるしょう。

 

ラッキーデイズ

ラッキーデイズは、2019年に設立されたばかりの新進気鋭のオンラインカジノです。

可愛い招き猫が印象的なラッキーデイズのサイトは、初心者でも遊びやすいシンプルな作りになっています。しかし、新しいカジノでありながら、すでに多くの人気ゲームプロバイダーと提携しており、全1300種類以上ものゲームを楽しむことができるので、グッドマン法に挑戦するには持って来いのオンラインカジノと言えるでしょう。

また、ラッキーデイズは、日本のユーザー向けの入出金方法が用意されているので、JCBでの入金、日本円での入出金が可能です。

日本語サイトの質も高く、日本語サポートも年中無休で対応しているため、初心者も安心してプレイできる環境が整っています。

 

ラッキーニッキー

ボーナスやキャンペーンが豊富なラッキーニッキーも必勝に挑戦するならおすすめです。様々な種類のボーナスがあるので、ポントゥーン以外にもフリースピンなども楽しめます。日替わりプロモなどもあり、飽きない設計となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。手堅く堅実な必勝法であるグッドマン法(1235法)。

ローリスクローリターンながらも、連勝さえしてしまえば、連敗したとしてもしっかりと利益を残せるディフェンシブな必勝法として世界中で大人気です。

カジノゲームはどうしても運の要素があり、勝ち続けることはできないため、負けた場合にも利益を残せる必勝法というのはとても重要です。

ハイリスクハイリターンな必勝法が好みな方はパーレー法やグランパーレー法などを選択することになると思いますが、特に初心者の方や少ない資金でしっかりと利益を積み重ねたい方はグッドマン法を使ってみてはどうでしょうか。また、ルーレットで効果抜群のドクターシュミット法などもおすすめです。

ぜひこの記事を参考にグッドマン法をマスターしてくださいね。

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!