Yuta Suzuki - 公開日 2022年 3月 09日, 最終更新日 2023年 2月 25日 | 日常生活
皆さまは働き過ぎているということを自覚していますか?

インスタグラムを開けば、身近な友人がパーティーしていたり、結婚して幸せそうな日常を載せていたり、そんななか自分は残業をしている。

何でこんなに毎日働いているのだろうと考えてしまうこともあると思います。

一般的に世界から見た日本人は働き過ぎという風に見られています。彼らは定時に出勤して定時でサッと帰り、彼らの趣味や家族と過ごす時間を作っています。

生活していくために仕事をしなくてはいけないという気持ちは十分に理解できます。しかしながら、なぜか気持ちが浮かない、なぜか毎日が辛いといった風に気持ちが落ち込んでしまったら、もしかしたらあなたは仕事依存症に陥っているかもしれません。

仕事が人生のやりがいだ!仕事が毎日楽しくて仕方がない!といった仕事依存の方でしたら、まあ健康的な依存症なのかもしれませんがね(笑)

私の場合は、趣味がいくつかありまして、仕事から帰ってきて寝る前に1時間程度だけ日本人でも遊びやすいオンラインカジノを楽しんでいます。

今日も一日仕事頑張ったというご褒美に、寝る前のベッドに寝ころびながら遊ぶことで、一日のストレス発散に繋がっています。

遊んでいるのに、ゲームに勝ったら賞金としてしっかり稼げるのも、趣味にしては良い遊びですのでお勧めですよ!

しかし、このように仕事に対して意気込みがある方というのは少数ではないかと思います。

今回は、そんなお仕事を頑張っている方に向けて、仕事依存症に陥ってしまう原因や、どんな方が陥りやすいのか、仕事依存症から抜け出してハッピーに生きていく方法を解説していきたいと思います!

 

仕事依存症とは?

人間だれしも何かに依存しながら生きています。例えば、家族や恋人、仕事に使うパソコンだってそうです。

何かに依存するというのは悪いことではなく、ほどよく依存して生きていくというのは普通のことなのです。

しかし、仕事に深く依存し続けたり、自分の好きなことをする時間を削ってまで仕事に依存するという状況は心身ともに健康的な状態とは言えません。

なぜなら、仕事依存症の方は医学的なデータで、うつ病や不安障害を起こしやすいとされているからです。

仕事依存症の症状とは、「仕事以外にすることがない」「仕事をしていない時間に不安感を感じる」「心身が壊れるまで過剰に仕事に打ち込んでしまう」「食欲や睡眠欲の低下」といった症状を感じてしまうと仕事依存症と言えるでしょう。

 

仕事依存症になる原因

仕事依存症の特徴

では、なぜ仕事依存症になってしまうのでしょうか?

仕事中毒になりやすい方の特徴をいくつかご紹介しますので、チェックしてみてください。

【仕事依存症の人の特徴】

・特に趣味がない

仕事が終わった後や、仕事が休みの日なのに、これといった趣味が無い方は、仕事中毒の人が当てはまる特徴です。

多くの人は仕事に対して多少なりともストレスを感じているものです。

しかし、趣味を持つ事によって仕事終わりや休日に仕事で溜まったストレスを発散しているのです。

趣味がない人は、仕事のストレスを上手く発散できず、バランスがとれなくなるので要注意です。

・毎日残業続きで当たり前になっている

中には毎日残業は当たり前という職場もあるかもしれません。あるいは、定時で早く帰れるとしても、趣味がないため家で何をすればいいのか分からず、そんなことであれば職場で仕事をしている方がまだ良いという風に思っている方も少なくないそうです。

・プライベートよりも仕事を優先している

典型的な仕事依存症の人の特徴として、仕事をする時間や日と、それ以外の仕事をしない時間を分けておらず、また仕事を全くしない時間を何もすることがない価値のない時間というう風に感じている方も特徴の中の一つです。

仕事中毒の方は、プライベートよりも、仕事が第一優先であるため、プライベートを自由気ままに仕事のことは忘れて、家族との時間を過ごしたりといったことをしないため、家族関係の悪化にも繋がります。

・出世欲が強い

仕事をする上で、出世欲が強というのは良い面に捉えられるかもしれませんが、例えば出世のために、家族との時間を作るよりも仕事、子どもの学校行事よりも仕事優先という考え方になってしまえば、出世はできるかもしれませんが、あなた自身の生活は心身ともに健康的であるとは言えないかもしれません。

 

どんな性格の人が仕事依存症に陥りやすいのか

仕事依存症どんな人

上記に当てはまる項目が多い方は、比較的に仕事中毒になりやすいという特徴を持っています。

また、仕事依存症になりやすい性格上の特徴としてもいくつか挙げますので、チェックしてみてください。

・まじめで努力家な性格

・負けず嫌いな性格

・頼まれたら断れない性格

・自信がなく、自己肯定感が低い性格

 

仕事依存症から抜けだしてハッピーになる方法

最後に、仕事中毒から早く抜け出す方法はあるのでしょうか?

簡単にいえば、仕事をしなければ良いのですが、そう簡単に仕事を辞めるわけにはいけないですよね。

そのため、今の仕事を続けつつ、仕事依存から少しでも離れる方法をいくつか解説していきたいと思います。

・仕事とはキッパリ離れる時間を作る

ワーカホリックの人は、平日も休日も関係なく仕事のことばかり考えています。

しかし、休日の日は休日らしく、家族との関係を見つめなおしてみたり、しばらく会っていなかった友人とどこかに出かけたりするなど、仕事とは離れる時間を作るようにしましょう。

・何でもいいから趣味を見つける

その仕事から離れる時間を作るのに最も簡単なのが、なにか趣味になりそうな習い事を始めてみることです。

ヨガ教室やクロスフィットなどの体を動かす系でも、料理や映画鑑賞といった数時間の時間拘束があるようなものであれば最適です。

・人生において何が最も大事なのかを考える

最後に、自分にとって仕事は人生の中において最も重要なものなのかということを考えてみましょう。

毎日仕事のことを考えている人生が、本当に自分の望む人生象なのでしょうか?

学生時代に出来なかったこと、本当は恋愛も結婚もしてみたい、遠くなくてもいいから自分の知らないところを旅してみたい、このような思いが心のどこかに隠れてはいませんか?

人生一度きりです!仕事ばかりしていても、人生に楽しみは見出せません!皆さまの人生がもっと明るく、充実できるようにぜひ一度考えてみて頂きたいですね!