- 公開日 2024年 4月 02日, 最終更新日 2024年 4月 03日 | カジノデイズ

この記事で分かること

  • カジノデイズが提供する自己規制はある?
  • 自己規制の設定方法は?
  • ギャンブル依存症がわかるチェックシートとは?

「カジノデイズでは自己規制を賭けられるらしいけど、どう設定すればいいかわからない…」という方必見!

この記事では、カジノデイズが提供する自己規制を解説します!

最後まで読めば、自己規制の設定方法もわかります。

カジノデイズは自己規制をはじめ、安心してゲームを楽しめる環境が整っているため、安心して楽しめるオンラインカジノです!

 

オンラインカジノ業界では、ギャンブルに関する問題を減らす取り組みが行われています。

その1つが自己規制ツールです。

カジノデイズも自己規制を導入しており、安心安全に利用できる環境を提供しています。

今回は、カジノデイズが提供する自己規制ツールを詳しく解説します。

 

カジノデイズが提供する自己規制は2つ

カジノデイズが提供する自己規制ツールは以下の2つです。

  • タイムアウト
  • 自己除外

自己規制は必須項目ではないため、カジノデイズに登録したら必ず設定しなければいけないものではありません。

ついついゲームに熱中しすぎてしまう可能性のある方は、あらかじめ設定しておくことをおすすめします。

 

1. タイムアウト

タイムアウトは、ゲームをプレイしない期間を選択できる項目です。

選択できる期間は1日、7日、または1ヶ月」です。

タイムアウトを設定した場合、設定期間が終了するまでカジノデイズにログインできません。

今までのように、いつでも好きなときにゲームをプレイできる環境から離れることで、ゲームのプレイ時間やベット額を見直せます。

ギャンブルをし過ぎていると感じた場合は、カジノデイズのタイムアウトを定期的に利用してギャンブルへの向き合い方を考えましょう。

 

2. 自己除外

自己除外は、自身のアカウントを一定期間、閉鎖できる項目です。

閉鎖期間を「1日、7日、または1ヶ月」から選択しますが、自己除外の場合は、カジノデイズからのプロモーションのお知らせも届きません。

ギャンブルにより生活が崩壊してしまったり、家族や友人、会社の人など周囲の人々に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

少しでも悪影響を及ぼしていると感じた場合は、自己除外をしてカジノデイズのアカウントを閉鎖しましょう。

強制的にギャンブルから距離を取ることで、ギャンブル依存症改善へ繋がります。

自己除外は退会ではないため、アカウントを復活させることは可能です。

カウントを再度利用するまでに運営側から検討期間が設けられます。

 

カジノデイズの自己規制の設定方法

ここでは、カジノデイズの自己規制ツールである「タイムアウト」と「自己除外」の設定方法を解説します。

それぞれパソコンからでも、iPhonやAndroidなどの端末からでも設定方法はほとんど同じです。

 

タイムアウトの設定方法

STEP1:カジノデイズのアカウントへログインする

STEP2:画面一番下にある「責任あるギャンブル」をクリックする

STEP3:タイムアウトの項目から希望の期間を設定する(1日、7日、1ヶ月)

STEP4:設定後は期間が終わるまでカジノデイズにログインできなくなる

 

もし、用意されている期間以上のタイムアウトを行いたい場合は、カジノデイズのカスタマーサポートへ連絡しましょう。

タイムアウトの場合は、設定した期間が終了するとそのまま自動でアカウントに復帰できます。

 

自己除外の設定方法

STEP1:カジノデイズのアカウントへログインする

STEP2:画面一番下にある「責任あるギャンブル」をクリックする

STEP3:自己除外の項目から希望の期間を設定する(1日、7日、1ヶ月)

STEP4:設定後は期間が終わるまでカジノデイズにログインできなくなる

 

自己除外の場合、カジノデイズからのプロモーションやイベントの通知が届きません。

また、タイムアウトのように期間が終了しても自動で復帰することもできません。

カジノデイズのカスタマーサポートに連絡をして、初めてアカウント復帰となります。

自己除外は、タイムアウトよりも厳しい設定です。

自己除外も設定期間以上の期間を希望の場合は、カスタマーサポートにその旨を伝えましょう。

 

カジノデイズからの退会

カジノデイズが提供する自己規制ツールを利用しても問題が解決されない場合は、退会も考えましょう。

ただし、カジノデイズには完全な退会・解約はありません。

同じユーザーの二重登録を防ぐためにアカウント凍結という形で対応されます。

 

カジノデイズからの退会方法

カジノデイズから退会したい場合は、登録したEメールアドレスから以下の内容を記載してカジノデイズのカスタマーサポートへ連絡をしましょう。

  • アドレス([email protected]
  • 氏名
  • 電話番号
  • 退会(アカウント凍結)を希望する旨
  • 退会(アカウント凍結)を希望する理由

 

カスタマーサポートで退会の申請が通ると、自動的に退会(アカウント凍結)の処理が行われます。

アカウントを再開したい場合は、カジノデイズのカスタマーサポートへアカウント凍結を解除したい旨を伝えましょう。

連絡方法は、ライブチャットでもメールサポートでもどちらでも可能です。

アカウント復帰の処理をする際に本人確認(KYC)を求められる可能性もあります。

指示に従って、必要書類を提出しましょう。

 

ギャンブル依存症のチェックシート

カジノデイズは「タイムアウト」や「自己除外」以外にも、ギャンブル依存症発生リスクがあるかを確認できるチェックリストも用意しています。

チェック項目は以下のような内容です。

・自分が使える資金以上を使っていませんか?
・優先順位が友人や家族と過ごす時間よりもギャンブルになっていませんか?
・勤務時間中にゲームをプレイしていませんか?
・ストレス解消のためにギャンブルをしていませんか?
・ギャンブルのためばかりに時間を費やしすぎていませんか?
・朝までギャンブルをすることはありませんか?
・ゲームに負けるたびにイライラすることはありませんか?
・負けてしまったときのことや損失額のことばかり考えていませんか?

 

以上のチェック項目のなかで1つ以上当てはまる場合、ギャンブル依存症の可能性があります。

タイムアウトや自己除外を活用し、ギャンブルに対する向き合い方を考え直しましょう。

 

専門家への相談

カジノデイズは、プレイヤーを第一と考えるオンラインカジノサイトです。

自己規制の他にもギャンブルの問題について相談したいプレイヤーのために、おすすめ機関を紹介しています。

機関名は「Gamblers Anonymous ISO」です。

ここでは、無料でギャンブルの問題の相談ができたり、同じギャンブルの悩みを抱えている人と話ができたりします。

カジノデイズが用意する自己規制ツールを利用してもなかなか改善できない場合は、専門家の力を借りることも重要です。

他にもカジノデイズがおすすめする機関はいくつかあります。

まずは、カスタマーサポートに相談してみましょう。

 

まとめ

カジノデイズの自己規制には「タイムアウト」「自己除外」があります。

もし、自己規制ツールを利用しても問題が解決されない場合には「退会(アカウント凍結)」も考えましょう。

その他にもチェックシートや専門家の紹介など、プレイヤーが快適にオンラインカジノを楽しめるサービスを提供しています。

カジノデイズは自己規制をはじめ、安心してゲームを楽しめる環境が整っているため、安心して楽しめるオンラインカジノといえます。