- 最終更新日 2023年 5月 01日 | 日本カジノ

日本のカジノ有力候補地は大阪と長崎!

日本のカジノ有力候補地は大阪府の「夢洲(ゆめしま)」と、長崎県の「ハウステンボス」の2か所です。

カジノ法案成立後は、和歌山市や横浜市などもIR誘致の意向を示していましたが、後に撤退を表明しています。

最終的にIR区域認定の申請手続きを行った自治体は、大阪府・市と長崎県の2自治体のみです。

大阪府・市が提出したIR整備計画は、2023年4月14日に政府から正式に認定されています。

一方、長崎県が提出したIR整備計画はまだ認定されておらず、政府による審査が行われている状況です。

長崎県も正式に認定されることになれば、日本国内には大阪と長崎の2か所にカジノが誕生することになります。

 

大阪カジノの詳細情報

大阪府・市は、カジノ法案が話題となった当初からIR誘致に名乗りをあげていた自治体のひとつです。

「大阪万博」+「大阪IR」をセットで誘致活動を推進し続け、見事にどちらも認定されています。

大阪IRおよび大阪万博は、どちらも大阪市此花区にある人工島「夢洲(ゆめしま)」で開業・開催されます。

 

大阪IRのコンセプト

大阪IRのコンセプトは「結びの水都」です。

大阪・関西をつなぐゲートウェイとして、豊かな水辺空間の魅力を体現します。

 

大阪IRの事業効果

大阪IRは以下のような事業効果が見込まれています。

  • 年間来場者数:約2,050万人
  • 年間売り上げ:約5,400億円
  • 雇用者数:約15,000人

 

大阪IRの有力事業者

大阪IRの有力事業者は「MGMリゾーツ・オリックス」です。

MGMリゾーツは米国・ラスベガスを拠点に運営している企業であり、世界のあらゆるところでカジノやホテル、エンターテイメント施設などを手がけています。

 

大阪IRの今後のスケジュール

大阪IRの開業予定は「2029年秋〜冬ごろ」です。

 

長崎カジノの詳細情報

長崎県は人口減少や雇用減少、財源不足の課題を解決すべく、IR誘致を推進している自治体です。

長崎にカジノを含む統合型リゾート施設が誕生することで、九州全体への相乗効果が期待されています。

九州7県と山口県・沖縄県からなる「九州地域戦略会議」においても、いち早く長崎IR誘致のための連携を行うなど「オール九州」として挑んでいる状況です。

長崎県のIR建設予定地は、佐世保市にある人気のテーマパーク「ハウステンボス」です。

 

長崎IRのコンセプト

長崎IRのコンセプトは「さまざまな文化を受け入れ、融合し、新しい価値を生み出す街」です。

波穏やかな大村湾に面し、豊富な自然に囲まれた和と洋が融合した非日常空間と新しい発想を促す施設群を有するIR区域で、持続可能な未来につなげていきます。

 

長崎IRの事業効果

長崎IRは以下のような事業効果が見込まれています。

  • 年間来場者数:約840万人
  • 年間売り上げ:約3,200億円
  • 雇用者数:約30,000人

 

長崎IRの有力事業者

長崎IRの有力事業者は「カジノオーストリア・インターナショナル」です。

カジノオーストリア・インターナショナルは、オーストリア政府が運営する企業であり、世界の35カ国・300か所を超える数のカジノ施設を手がけています。

 

長崎IRの今後のスケジュール

長崎IRは「2027年度」に開業する予定です。

ただし、政府に提出しているIR整備計画がまだ正式に認定されていないため、今後の動向に注目しておきましょう。