Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)とは?

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)とは、長年オンカジ業界を牽引する大手ソフトウェア会社「NetEnt(ネットエント)社」から2009年にリリースされたオンラインスロットゲームです。

dead or aliveは2009年のリリース以降大ヒットを記録し、今ではdead or aliveスロットシリーズの新作「Dead or Alive2」がオンラインスロット業界に大ブームを巻き起こしています。

アメリカ西部の民謡劇、いわゆる「ウエスタン」をモチーフに作られているdead or aliveスロットには、カウボーイのハットやブーツ、コルト45のピストルなどなど、ウエスタンの雰囲気を存分に味わうことができるシンボルが目白押しです。

スロットリールは「横5×縦3」のペイライン「9通り」と非常にシンプルで、カジノ初心者にも優しい設定がdead or aliveスロットの魅力の一つとなっています。

dead or aliveスロットで大儲けするためには爆発力のある「フリースピン」を獲得するのみであり、ボラティリティーが非常に高いビデオスロットとしても知られています。

NetEnt社ならではの美しいグラフィックおよびサウンド、オンラインスロットでは珍しいウエスタンの雰囲気を味わいたいという方に、おすすめのカジノスロットとなっています。

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)のペイテーブル

dead or aliveスロットの全てのシンボルはウエスタンをイメージして描かれています。

 

高額配当絵柄として「保安官のバッジ」「カウボーイベルト」「カウボーイハット」「カウボーイブーツ」「ウイスキーグラス」の5種類、低額配当絵柄として「アルファベット・数字」が5種類ラインナップされています。

 

さらに、WANTED(指名手配)と描かれた「WILD図柄」と、コルト45のピストルが描かれた「SCATTER図柄」があります。ワイルド図柄とスキャッター図柄は勝負の鍵を握るため必見です。

高額配当シンボル配当表

シンボル 配当(×3) 配当(×4) 配当(×5)
保安官のバッジ 20 125 1000
カウボーイベルト 20 100 750
カウボーイハット 15 75 400
カウボーイブーツ 12 60 300
ウイスキーグラス 10 50 200

低額配当シンボル配当表

シンボル 配当(×3) 配当(×4) 配当(×5)
A 10 20 100
K 5 15 75
Q 4 12 50
J 2 10 40
10 2 10 25

WILD(ワイルド)図柄の特徴

dead or aliveスロットには、2種類のWILD図柄が存在します。1つは、通常プレイ時に出現する「WILD(ワイルド)」で、スキャッターを除く全てのシンボルに代用できる特徴を持っています。

 

もう1つは、フリースピン中にのみ出現する「STICKY WILD(スティッキー・ワイルド)」で、各リール毎に5人のガンマンたちが描かれています。

 

スティッキーワイルドの特徴は、以下の2つです。

  • フリースピン中に出現した場合、フリースピン終了までその場にとどまります。
  • 1つ出現する度に、「5回の追加フリースピン」を獲得できます。

 

なお、WILDシンボルが揃った場合の配当は以下の通りです。

  • 配当(×3):25
  • 配当(×4):150
  • 配当(×5):1500

SCATTER(スキャッター)図柄の特徴

スキャッター図柄は、フリースピン獲得の鍵を握る重要なシンボルです。スキャッター図柄をペイラインに関係なく、「3個以上」出現させることで「12回分のフリースピン」を獲得することができます。

 

さらに、スキャッターシンボルの魅力が爆発力のある配当金です。ペイライン関係なく、2個以上出現させることで以下の配当金を獲得することができます。

  • 配当(×2):2
  • 配当(×3):4
  • 配当(×4):25
  • 配当(×5):2500

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)のペイライン

dead or aliveスロットのリールは「横5×縦3」で、ペイライン数は「9通り」とシンプルな仕様になっています。近年はペイライン数が多いビデオスロットばかりのため、このようなシンプルなカジノスロットはカジノ初心者や気軽にスロットを楽しみたいプレイヤーに重宝されています。

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)のペイアウト率

dead or aliveスロットのペイアウト率(RTP)は「96.82%」となっています。オンラインスロットの中では通常の還元率ですが、ボラティリティーが高く、一度に大金を獲得することができる仕様になっています。

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)のフリースピンボーナス

dead or aliveのフリースピンは、SCATTERシンボルを3つ以上出現させることで突入することができます。例え4つ以上出現した場合でも、フリースピンの回数は変わらず「一律12回」となっています。

フリースピンの特徴①配当に2倍のマルチプライヤー

dead or aliveスロットのフリースピンで獲得した配当金には「2倍のマルチプライヤー」が付与されます。フリースピンで稼いだお金が2倍になる点は非常に魅力的な仕組みと言えます。

フリースピンの特徴②1度限り12回分のフリースピンを加算可能

フリースピン中に、スキャッター図柄を再度リール上に3つ以上出現させることができれば、1度限り「12回分のフリースピン」が加算されます。

フリースピンの特徴③スティッキーワイルドが出現する度に5回分のフリースピンが加算される

フリースピン中に「スティッキーワイルド」が1つ出現する度に「5回分のフリースピン」が加算されます。より多くのスティックーワイルド出現を願い、フリースピンを楽しみましょう。

フリースピンの特徴④スティッキーワイルドはリール上に固定される

フリースピン中に出現した「スティッキーワイルド」は、フリースピン終了までの間ワイルド図柄としてリール上に固定されます。スティッキーワイルドを出せば出すほど一攫千金獲得も現実味を帯びていき、気分が上がること間違いなしです。

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)の基本スペック

ゲーム名

Dead or Alive(デッド・オア・アライブ)

ジャンル

ビデオスロット

ゲームプロバイダー

NetEnt(ネットエント)社

リール数

横5×縦3

ペイライン数

9ライン

最小ベット額/最大ベット額

$0.09/$18.0

コインバリュー

$0.01〜$0.50

ペイアウト率(還元率)

96.82%

オートプレイ機能

あり

ジャックポット機能

なし