カジノ必勝法 

カジノに限らず、ギャンブルとは何の計算もなしに運否天賦でやっていると、資金はあっという間に無くなり、儲けはマイナスになってしまうものです。マンガや映画のように、直感やセンスだけでは勝つことはできません。ギャンブルで勝てる人と勝てない人の大きな違いは、ゲームへの取り組み方、姿勢です。計算しながらやっていたらゲームを楽しめないように感じますが、勝つためにやるのであれば、きちんと計算をする必要があるのです。計算をして、勝率を少しでも上げるように努力し、リスクを分散させると、成果が大きく変わり、楽しさも出てきます。

ですので、必勝法はありません。必ず勝てる方法があればそのカジノはすぐに無くなり、ゲームとして成立しなくなります。この記事もそうですが、ほとんどのサイトでは勝率を上げるためのポイントを紹介するにとどまっていると思います。ベッティングシステムといったプレイヤーは勝率を上げるための方法を日々研究しています。

具体的な方法ではなく、直感、読みなどオカルト的なものを頼りに遊ぶと、勝てるものも勝てなくなってしまい、勝てるチャンスも失ってしまいます。当然ですが、カジノとは運営側が勝てるようになっています。マイナスにならずに全体で勝てるというプレイヤーは1割、2割程度もいないかと思います。勝率を少しでも上げる方法が、勝ち方となります。

その方法は様々ありますので、参考にするのも良いですし、自分で編み出すのも良いと思います。代表的な例ではマーチンゲール法、ウィナーズ投資法などがあります。以下のカジノはJAPAN-101がおすすめする初心者むけのオンラインカジノサイトです。是非実践してみてはどうでしょうか。

オンラインカジノおすすめ

カジ旅

初回入金時に最大$400ボーナス
2
  •  
  • ♦カジノの中で最も素敵なグラフィック

  • クレジットカードで簡単に入金
  • 初回入金時に最大$400ボーナス

  • 、または700フリースピンがもらえる!

  • 携帯端末でのプレイも可能

  • 500+日本語サポートスタッフ

  • スロットラインアップは500種類以上

  • カジ旅オンラインカジノ評価を読む

今すぐプレーする

ジャックポットシティカジノ

$100最大$400の100%で4回目までの入金額に限ります。
3
  •  
  • ♥出金額に上限がないのが特徴!
  • スマホ対応

  • 日本円対応

  • VIP/ロイヤルティープログラム

  • 日本語サポートスタッフ

  • ジャックポットゲーム

  • JackpotCityカジノ評価を読む
今すぐプレーする

ヨーロッパで大人気のオンラインカジノが遂に日本にも! 一人でプレイするゲームはもちろんですが、他のプレイヤー達とのバトルはひと味違った楽しさを味わえます!新規登録で最大200%ボーナスをもらえます!

CASINO-Xオンラインカジノ評価を読む

今すぐプレーする

最大200%ボーナス

日本円そのままプレイ可能!

ウェルカムパッケージ20万円

日本語対応

ご入金1回目100%ウェルカムボーナス

ご入金2回目25%ウェルカムボーナス

ご入金3回目50%ウェルカムボーナス

スピンパレスカジノ評価を読む

今すぐプレーする

2100倍の大当たり!

350+カジノゲームの数

最大ウェルカムパッケージ10万円

日本語対応

オンラインカジノおすすめ

♠スマホで遊ぶならココ!
インストール不要!
初回入金500ドルまでは100%のボーナス

ベラジョンカジノ評価を読む

今すぐプレーする

インストール不要!350+カジノゲームの数

日本語サポートスタッフ

VIP/ロイヤルティープログラム

カジノトーナメント

ジャックポットゲーム

今すぐプレーする

♦最も素敵なグラフィック

♦ロールプレイングゲーム的な要素とSNSを融合したユニークなカジノ

カジ旅オンラインカジノ評価を読む

今すぐプレーする

 

クレジットカードで簡単に入金

初回入金時に最大$400ボーナス

、または700フリースピンがもらえる!

携帯端末でのプレイも可能

500+日本語サポートスタッフ

スロットラインアップは500種類以上

今すぐプレーする

 

$100最大$400の100%で4回目までの入金額に限ります。

JackpotCityカジノ評価を読む

今すぐプレーする

 ♥出金額に上限がないのが特徴!

 

スマホ対応

日本円対応

VIP/ロイヤルティープログラム

カジノトーナメント

カジノゲームの数

日本語サポートスタッフ

ジャックポットゲーム

今すぐプレーする

ヨーロッパで大人気のオンラインカジノが遂に日本にも! 一人でプレイするゲームはもちろんですが、他のプレイヤー達とのバトルはひと味違った楽しさを味わえます!新規登録で最大200%ボーナスをもらえます!

CASINO-Xオンラインカジノ評価を読む

今すぐプレーする

最大200%ボーナス

日本円そのままプレイ可能!

ウェルカムパッケージ20万円

日本語対応

ご入金1回目100%ウェルカムボーナス

ご入金2回目25%ウェルカムボーナス

ご入金3回目50%ウェルカムボーナス


スピンパレスカジノ評価を読む

今すぐプレーする

2100倍の大当たり!

350+カジノゲームの数

最大ウェルカムパッケージ10万円

日本語対応

オンラインカジノおすすめ:2017年のネットカジノランキング

オンラインカジノ初回入金ボーナスおすすめポイント無料登録決済方法
1。ベラジョン
最高500ドルまでの
100%初回入金ボーナス
クエスト達成で
ボーナスが貰える

今すぐプレーするVISA
ecoPayz
Neteller
Skrill
2。カジ旅
最高400ドル
または700フリースピン
RPG要素とSNSの要素
を組み合わせたカジノ!
ボスに勝利する毎に
遊べるカジノゲーム!

今すぐプレーするNeteller
visa
master
skrill
i-BANQ
3。ジャックポットシティ
最大1600ドル
のウェルカムボーナス
出金上限額がない!
ハイローラーにおすすめ

今すぐプレーするVISA
MASTER
銀行振込
ecoPayz
Neteller
Skrill
4。CASINO-X
1.5回の初入金で総合200000円ボーナス
+30フリースピン
2.ダブルコンプポイント
+2%のキャッシュバック
利用したお金の10%が
キャッシュバックされます。

今すぐプレーするVISA
Paysafecard
EntroPay
ecoPayz
5。スピンパレス
ご入金1回目100%ウェルカムボーナス
ご入金2回目25%ウェルカムボーナス
ご入金3回目50%ウェルカムボーナス
10ユーロ賭けるたびに
クラブポイントが
1ポイント貯まる

今すぐプレーするNeteller
visa
master
skrill
6。ウィリアムヒル
最大300$までの
150%初回入金ボーナス
+フリースピン50回
ECOPAYZで
さらに30%をゲット!
24時間サポート!
50ドルお友達紹介ボーナス

今すぐプレーするNeteller
visa
master
skrill
paypal
7。インターカジノ
最高500ドルまでの
100%初回入金ボーナス
今だけ30ドル入金不要ボーナス
最高600ドルの
入金ボーナスがもらえる

今すぐプレーするVISA
NETELLER
Click2Pay
Skrill

1。ウィナーズ投資法

これは名前の通り、賭け方ではなく投資法としても有効な手口です。

特にバイナリーオプションなどでも力を発揮すると言われています。

やり方は、長期間をかけて、リスクを減らしながら利益を上げていくというもので、モンテカルロ方式と似ているのが特徴です。

まず1ドル賭けるとします。

もし1回目で負けたら数列に1を書き(1、1)とします。

加えた数字が次回の掛け金です。

この場合だと2回目の賭ける前の数列は11となりますので、掛け金は1です。

以降、二倍して賭け、数列を書き加えてきます。

勝った場合は新たに書き加えずに、数列の左端にある数字を消します。

ですので、2回目も負けた場合、3回目の賭ける前の数列は、1,1,2となり、これで勝った場合は左端の1を消します。

文章では分かりづらいと思いますので、図で確認するのがおすすめです。

これはとても優れた、有名な勝ち方ですが、勝ちと負けが交互に続くと金額が大きくなるのがデメリットです。

勝った場合は左端の数字を消していきますが負けた場合は書き足して行くため、きれいに勝ち負けが交互になってしまうと、必然的に掛け金が雪だるま式に増えて行ってしまいます。

もし、うまく利益が上がらないうちに掛け金が膨れ上がり、そのタイミングで運悪く連敗してしまうと、大敗する可能性もあります。今すぐ実験する!

トップに戻る

ウィナーズ投資法で勝てるカジノ

ウィナーズ投資法は長期間をかけて、利益を上げていくやり方なので、普段より掛ける料金が必要になります。ジャックポットシティカジノでは最大1600ドル:役160万円のウェルカムボーナスをもらえます。『最大$400の100%で4回目までの入金額』160万円のボーナス使って掛けていけば、リスクを減らしながら稼げていくことができます!

今すぐ$1600ウェルカムボーナスをもらう

2。グッドマン法

これは基本的にはバーレー法と同じですので、まずはそちらの記事参考にしてみてください。

バーレー法は掛け金を倍にしていき、利益を残していくというものです。

そのため、勝ち続ければ倍となって増えていきますが、一度負けたら利益が全て無くなってしまいます。

非常にシビアで、辞め時を見極めるければならないかなり難易度の高い方法でしたが、このグッドマン法はバーレー法から派生したものです。

グッドマン法は1235法とも呼ばれており、単純に1ドル賭け、勝つごとに2ドル、3ドル、5ドルと賭けていくというものです。

¥16000のボーナスをもらう!

5ドルの時に勝った場合はそのまま5ドルをかけ続けます。

これは主にルーレットなどで用いられる賭け方です。

2連勝したら損失は出ないというのがメリットで、リスクの少ない賭け方として人気があります。

逆に言えば3連勝以上しなければ利益にならないということにもつながります。

ギャンブルは勝ったり負けたりを繰り返しやすいものですので、負けた時のリスクが低いとは言え、楽観視は出来ません。

これにこだわらずに他の賭け方も参考にしていきましょう。

5ドルの時に勝った場合はそのまま5ドルをかけ続けます。

これは主にルーレットなどで用いられる賭け方です。

2連勝したら損失は出ないというのがメリットで、リスクの少ない賭け方として人気があります。

逆に言えば3連勝以上しなければ利益にならないということにもつながります。

ギャンブルは勝ったり負けたりを繰り返しやすいものですので、負けた時のリスクが低いとは言え、楽観視は出来ません。

これにこだわらずに他の賭け方も参考にしていきましょう。

3。ココモ法

ココモ法はマーチンゲール法と似ていますが、それをアレンジしたような賭け方です。これは一度当たると、今までの負け分が必ず取り戻せるという方法ですので、是非覚えておきたい必須となる賭け方になります。

特にレートが3倍以上で、ゲームはルーレットが特におすすめです。

まず1ドル賭けるとします。

勝ったら1ドル賭けます。

負けた場合は2回目のみ1ドル賭けますが、3回目以降負けた場合は、前回と前々回の掛け金の合計、3回目だと1ドルと1ドルの次ですので、2ドルになります。

また次負けた場合は2回目の1ドルと、3回目の2ドルが前回と前々回になりますので、3ドルになります。

もし勝ったら1に戻り、最初からやっていきます。

これは回収率が高く、確実に利益を増やしたいというときにとても便利なやり方です。

ルーレットで勝ちたいというときには、ココモ法を一度は試してみるのをお勧めします。

黒か赤の二者択一で、残りチップを見ながら適当に賭けるのとでは段違いの差が出ると思います。

最初は資金が少ないことがほとんどですので、1ドルから始める方が良いと思いますが、2ドルや5ドルをスタート地点とするのも良いと思います。

資金をもとに、自分に合った額で始めてみてください。

今すぐプレーして100%ボーナスをもらう!

トップに戻る

4。シフトベット

プロの手にかかれば、たとえルーレットでも運任せではやりません。

ディーラーとの駆け引き、場内の運の流れ、雰囲気で勝ち負けが左右されることを把握しています。ただルーレットの上をボールが回り、どれかの色の数字に入るだけですが、賭け方は何パターンもあります。シフトベットとは、ルーレットの賭け方の基本のことです。

実際にリアルのランドカジノで、プロのプレイヤーがが使っていた勝率が高いベット方法です。

これを覚えているのといないのとでは、お金の減り方に天と地ほどの差が出ます。

まず、ヨーロピアンタイプのルーレットでおすすめの賭け方が、753ベットです。

これは3,5,7,15,17,20,22,32,34という全部で9個の数字全てにチップをかけるというものです。

全てに1ドルずつかけたとしたら9ドルになります。

どれか一つに当たったとしたら、配当は36倍ですので、チップは27ドルが純利益となります。

3回やって当たらなくても純利益で返ってくるのです。

ちなみに、これはいくつかのパターンがあります。

¥160000を無料ボーナスをもらう。

p

全てヨーロピアンタイプのルーレット限定ですが、シングルゼロという方法で0,2,7,9,11,14,23,26,28,30.35の9つ。

p

ダブルゼロという方法で00,1,8,10,12,13,24,25,27,29,36の9つ。

p

ヨーロッパという方法で4,6,8,16,18,19,21,31,33の9つ。

組み合わせて使うと、ディーラーとの駆け引きにもなりますので、是非トライしてみてはどうでしょうか。

トップに戻る

5。ダランベール法

ダランベール法はカジノゲーム全般の攻略法として知られる方法です。18世紀のフランスの数学者、ジャンダランベールが発明したことから名付けられたこの方法は、マネーマネジメント戦略として用いられていたものです。

数学者がマネーマネジメントのために発明したと聞くと、難しそうで簡単に真似できないと思われそうですが、実際はとても単純です。計算方法はシンプルかつとても分かりやすいです。

負けるたびに掛け金を増やし、勝つたびに掛け金を1単位減らすというものです。この、減らす1単位とは自分で決めます。

例えば1単位を2ドルを決めたら、5単位は10ドル、10単位は20ドル減らすということです。この賭け方は確率が50%、オッズが2倍の時に用いる方法です。

ダランベール法とは、大きく儲けるためというよりも、負けないように、ダメージを減らすための賭け方です。

この賭け方で遊ぶと少ない資金で長く遊ぶことが出来るので、オンラインカジノではなく友達などと海外に観光に行き、カジノで遊ぶときにやってみるのも面白いと思います。

ただし、当然ながら連敗すると負けが込み、どんどん資金が無くなってしまいます

どんな方法を用いたとしても、連敗してしまっては儲けが減り、資金が無くなっていくので、1単位を決めるのと同時に何連敗までやるかを決めるのも良いと思います。

計算方法がとてもシンプルで分かりやすいので、覚えておいても損はないかと思います。

トップに戻る

6。チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法とは、名前のようにチャンピオンシップのように、予選と決勝に分けて考えるという特殊な方法です。なかなか複雑なので、初心者の人などは考えるのが難しいかもしれません。

オンラインカジノであればゆっくりできるので、興味があれば慌てずにじっくりと考えていってください。おすすめのゲームはブラックジャック、ルーレットの赤黒、ハイ&ローです。これは前述したように勝負に段階を付けます。予選の通過が最初の段階、通過してから第二段階のグランドチャンピオンステージに行き、そこで勝つのが目的です。利益の配分は第一段階が4、第二段階が6という風になります。

まず、予選では1.1と書いたメモを用意し、これを足して2を最初に賭けます。

勝利できれば予選二回戦に行き、負けた場合は1.1.2と書き、両端の12を足した3をかけます。勝った場合は両端の数を消します。

勝ち続けて両端の数を消し、全ての数字が消えたら予選二回戦に行けます。

二回戦は一回戦で得た利益を全て賭けます。勝てば利益が確定し、第二段階に行けます。ですが、負ければ予選一回戦に戻ります。

第二段階は第一段階の予選と全く同じですが、最初にメモに書く数字は1,1ではなく1,1,1です。

後は同じように両端の数字を足した数をかけて賞美していき、全ての数字が消えたら最終ステージに行き、第二段階で得た利益を全て賭けます。

ポイントは1,1で始まる予選と、1,1,1で始める決勝です。

これによって出る利益が予選と決勝で変わるため、この二つをきちんと分けて考える必要があります。ただし、連敗が続けば意味が無く、損失も多くなってしまいますので辞め時は慎重に見極めていきましょう。難しく、資金も必要ですので、オンラインカジノに慣れてきて、一味違った賭け方をしたいというときには挑戦してみてください。

トップに戻る

7。ハーフストップ法

得た利益を少しでも手元に残すというやり方で、運よく連勝出来て得た利益を、そのあとの負けで失わないようにするときに便利な方法です。

これはギャンブルにおいて最も大切な「やめ時」を効果的に作り、ゲームを冷静に進めて利益を上げていくことができます。

具体的には、最大利益の半分になったら必ずそこでゲームをやめるというものです。

ですので、最初に自分が得たい最大利益を、現実的な範囲で、冷静に分析することが必要です。

当たり前ですが最大利益を1万ドルにして、1万ドル稼ぐまで辞めないというものでは全く意味がありません。

現実的な範囲で、自分で決めるのが肝心です。

決め方は難しいように思えますが、重要になるのは元手です。

例えば元手が100ドルで、最大利益を50ドルとします。

50ドルの半分は25ドルですので、25ドルの利益が出たらそこで必ず止めるというものです。文字通り、ハーフストップということです。

これはオンラインカジノでも有名な方法で、やめ時としてはとても有効で、気持ち的にも余裕が出てくると思います。賭け方というわけではありませんが、どうしてもやめ時が分からず、いつもずるずるとやってしまうという方は是非覚えて、実践してみてください。

トップに戻る

8。バーネット法

バーネット法はとにかくコツコツと、大敗だけは避けたいという方にお勧めの方法です。

やり方は至って単純で、1326単位で賭けていきます。

単位は自分で決めるもので、1単位が10ドルだとしたら10ドル、30ドル、20ドル、60ドルと賭けていくということです。ですので、まず1単位をかけます。

勝ったら3単位賭け、負けたら1単位のままです。

3単位で勝ったら2単位賭け、また勝ったら6単位賭けるというものです。

6単位の時に勝ったら1単位に戻り、326と同じ順番で賭けていきます。

1単位10ドルとして10回戦い、55敗だとしても、この賭け方だと60ドルが利益となります。

55敗などと上手くトントンになることは少ないですが、この方法を用いればたとえ数連敗をしても、ダメージはかなり浅く済みます。

地道にやっていくことで利益も増えますし、ゲームそのものをじっくり楽しむことができます。もちろん、連勝する楽しさも十分に感じることができます。ただ、これは逆に一勝ごとの儲けが少ないのがデメリットです。

しかし、一瞬にしてチップが無くなるということもありませんので初心者の方にとてもおすすめしたい方法の一つです。チップが少ない時でも、単位を決めるだけで誰でも出来ます。ちなみに、この方法を応用して、単位を26412と全て二倍にして勝負に出るのも良いと思います。現在の資金などを考慮して、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

トップに戻る

9。バーレー法

このバーレー法は、勝った時に掛け金を倍にするという方法です。マーチンゲール法は、負けた場合に掛け金を倍にしていくというものですが、これはその正反対の賭け方をします。アンマーチンゲール法とも呼ばれており、負け分の回収をしていくのではなく勝ち分をどんどん増やしていくことに焦点が当てられている賭け方です。これが最も威力を発揮するのが、ポーカーで勝った時などに出来る、ハイ&ローなどです。

勝った時に掛け金を上げていくということは、負けたとしても負けた分は最初に賭けた分であり、連勝するだけであっという間に元を取ることができます。

10ドルずつ勝負しても、勝った時に10の倍で増えていくので、たとえ8連敗もの負けを喫しても3連勝するだけでプラスマイナス0にすることができます。

お気づきかもしれませんが、これは引き際、やめ時を冷静に決めなければ、簡単に資金が無くなってしまう賭け方です。

勝った時に流れに乗って賭け続けるという、ジャンキーのような賭け方ですので危険といえば危険かと思います。最大利益を決めるハーフストップ法などと一緒に用いるなど、とにかく冷静になるのが重要です。

少し勝てば大丈夫と思っていると、いつの間にか底をつくほど負けていたということもあり得ます。決してムキにならず、慎重に考えるのが大切です。

トップに戻る

10。マーチンゲール法

マーチンゲール法は、カジノの賭け方、勝率の高い方法として最もポピュラーで、分かりやすい方法です。

名前は知らなくても仕組みを聞くと、よく分かるかと思います。知らず知らずのうちに実践している人もいるかもしれません。

マーチンゲール法とは、賭け金を倍々にしていく方法です。

まず1ドル賭けるとして、負けたら、次は2ドル賭けます。

さらに負けたら2ドルの倍である、4ドルを賭ける。という方法です。

よほどのことが無い限り、延々と負け続けることはまずありません。

負けたとしても、次の一回ですべてを取り返すというものです。

これは必ず、2分の1の確率で、配当が2倍以上のものに限定してください。

例えばバカラ、ルーレット、ブラックジャックです。

お金に余裕があるほどこの方法が有効的と言わていますが、勝ち続けるまで辞められなくなるとか、テーブルによっては上限が決められていることもあります。

ちなみに、マーチンゲール法には全く正反対のアンマーチンゲール法なるものがあります。

バーレー法とも呼ばれ、勝った時に2倍にして次のゲームに賭け、負けた時は最初に賭けたままというものです。

勝ち続ければ倍々に増えていくので、利益をどんどん増やすことに重点を置いたものですが、やめ時が非常に難しいのが欠点です。

当然、負けた場合は最初の賭けた金額で済み、連敗しても少し連勝するだけであっという間に取り返せます。

言い換えれば連勝しているさなかで負けてしまうと、一気に失うということになりますので、とてもシビアなやり方です。

この二つをうまく使って、プレイしてみてはどうでしょうか。

トップに戻る

スロット必勝法

スロットの遊び方

スロットは日本でもパチンコ店やゲームセンターなどにあるので、見たことがある方はとても多いと思います。

オンラインカジノに興味があるという方のほとんどはやったことがあるかもしれません。

横、もしくは斜めなど、決められたラインに同じ絵柄がそろうことで、チップ、メダルが払い出され、揃う絵柄によっても配当が変わります。

これをオンラインカジノではラインベットと呼びます。

ラインの数はスロットの種類によって変わり、日本のスロットと同じものや、横一列だけになっているもの、多いものだと5個が4列あり、全部で50ラインもあるスロットや、縦なども含めて全方向が有効なものもあります。

オンラインカジノだと、リアルのランドカジノでスロットをしたことがあるという方でも驚くぐらいの種類があります。

さらに、ラインの数は自分で増減させられるというスロットもあります。

多くするとかけ金が上がるため、かけ金とラインのバランスを考えなければなりません。

現在は日本のスロットのように、アメコミやゲームとのコラボスロットもあり、他のカジノゲームよりは親しみを感じやすいのが特徴です。

種類によって遊び方やクセ、特徴が変わりますが、ベースはどれも同じスロットですので、気軽に色々なものを遊んでみてください。

ジャックポットで大量のチップを手に入れる

スロットの一番の目玉であり、醍醐味となるのがジャックポットです。

いわゆる大当たり、777などというもので、カジノのスロットでは、これまでにその機種で遊んだプレイヤーが投じたチップを全て払い戻すというものが大半です。

当然、これがそろうことは滅多にありません。

ほとんどのスロットでは25万分の1程度しかないとも言われています。

宝くじが当たる確率は1000万分の1と言われているので、確率が低いとは言え宝くじよりは当たりやすいかと思います。

遊んでいるときにいきなり画面が光り輝いて、大量に払い戻されることがあるかもしれませんよ。

スロットの必勝法

大型連休は、やはり平日や週末よりもお客さんが入りやすいものです。

つまり、人が入りすぎて狙い台が取りにくくなるということにつながります。

客付きが悪いホールは論外ですが、客付きが良すぎるホールにおいての大型連休は、良い台が取りにくいのです。

ただ、それでもマイホールのデータをチェックすることは非常に大切です。

ホールのデータはほとんどのところがネットで簡単に見ることができます。

データをじっくり見てみると、そのホールがどの機種を重点的に出そうとしているのかがある程度つかむことができます。

新台はそうでもないが、この台は比較的出ているなどが分かります。

これを知って行くのと知らないで行くのとでは、かなり変わるかもしれません。

最近はガルパンなどのような、人気アニメの台が絶え間なく出ていると思います。

去年9月のシルバーウィークに合わせて北斗強敵が出た時もかなり混んでいました。

そのような版権の人気がある台はもちろん、北斗やゴッドなどのスロットとしての人気が根強いものなどと重なると非常に混雑します。

トップに戻る

ルーレット必勝法

ルーレットの遊び方

ディーラーが回したルーレットの中にボールを投げ込み、どの数字のマスに入って止まるかを予想するゲームが、ルーレットです。

ルーレットはとても華やかで、莫大な儲けを企むような賭け方や、少額を賭けてコツコツと少しでも増やす賭け方など、様々な賭け方ができるという、とてもメジャーで人気のあるゲームです。

オンラインカジノを始める際には、一度はやってみてはどうでしょうか。

ルーレットのルール

ルーレットを見たことはあっても、詳しい遊び方、当たった時の配当などは分からないという方は多いと思いますので、ここで遊び方について詳しく説明していきます。

まずは賭ける数字と、その数字にかける賭け金を決めます。

ルーレットには種類がありますが、マスは37個か38個のどちらかがほとんどです。

複数の目にチップ1枚から賭けることができます。

マスに賭ける際、カラフルな色のついたチップが用いられます。

これは一回のゲームでたくさんの人が賭けようとするため、チップの見分けをつけるために色分けされています。

オンラインカジノではその心配はありませんが、よりリアルにするためにチップに色分けされていることが大半です。

台の上にマス状に数字が書かれており、数字の上や枠の上、色やエリアごとなど、決められた位置に賭けていきます。

配当と賭けられる位置については次の記事にてまとめました。

ルーレットの配当、賭け方

ルーレットはどの数字に賭けるか、どのように賭けるかで配当が大きく異なります。

まず、ポピュラーな賭け方の一つがインサイドベッドと言い、1個から6個の数字に限定的にチップを置くというものです。

1個の数字に置く、2個に置く、3個に置く、という風に続き、それぞれ名称があります。

数字(枠) 名称 配当 賭け方 置き場所
1個 ストレート 36倍 任意の1つの数字 1個の数字のマスの上(0、00、1から36のどれか)
2個 スプリット 18倍 2つの数字 隣り合う二つの数字のマスの間
3個 ストリート 12倍 3つの数字 横一列に並ぶ三つの数字のマス目の端、0,1,2 0,2,3の間
4個 コーナー 9倍 4つの数字 四角になるように隣り合う4つの数字の中心点
6個 ライン 6倍 5つの数字 横二列の間の端

もう一つが、インサイドベットの倍、12個以上の数字に賭けるというもので、アウトサイドベットと呼びます。

これは数字や枠の上に賭けるのではなく、数字のマス、枠の外周に書かれた専用の枠にチップを置くもので、一般的に、赤や黒、偶数や奇数のどちらかに賭ける、といった賭け方のことです。

数字(枠) 名称 配当 賭け方 置き場所
3個 コラム 3倍 縦一列のどれか 縦一列の数字の外側(3~36などの三列)
4個 ダズン 3倍  横4列 横四列の数字の外側(1~10、13~22などの四列)
2個 ロー/ハイ 2倍 1~18もしくは19~36 1~18、19~36と書かれた枠の中(マスのどちらか半分)
2個 赤/黒 2倍 赤か黒色の数字 赤か黒の数字全てが対象

ルーレット必勝法

98.48%法をご存知でしょうか。

簡単に説明すると、ある13個のまとまった数字が3回連続で出たら、次に出る目はそれ以外の24個の数字が出る確率が98.48%だということです。

036の数字で構成されているヨーロピアンタイプのルーレットを例にします。

01から12までの数字、13個あります。

この13個の数字のどれかが、3回連続で出た後、13から36の数字が出る確率が、98.48%だということです。

具体的に計算していきますと、まず13個の数字が出る確率は、

1回出る確率は13/37=35.14%

2回連続して出る確率は13/37 × 13/37=12.34%

3回連続して出る確率は13/37 × 13/37 × 13/37=4.34%

4回連続して出る確率は13/37 × 13/37 × 13/37 × 13/37=1.52%

これを逆に考えると、4回目に残りの13から36が出る確率は100%から1.52%を引いた値になるのです。

さらに、この賭け方は簡単に実践することができます。

なぜかというと、これはあるところのダズンの数字が3回連続で出た後、それ以外に出る確率が高いというだけです。

なので、あるところのダズンの数字が3回連続で出るまでは、ベットせずにスピンさせ、見ているだけで良いのです。

当然、0と1から12にこだわる必要はなく、013から24025から36、どれかで3回連続をしたら、そのほかの二つのダズンにベットするだけで良いということです。

ベットしないで見るだけということができないところもありますので、注意してください。

オンラインカジノのドリームカジノではスピンさせることが出来ました。

また、これはあくまでも理論上、理屈での話ですので、3回連続することがほぼないこともあります。

当然4連続で同じ13個のまとまりの数字が出ることもあります。

これをやる場合にはベットのチャンスをじっくり待つ必要があるので、粘り強く、腰を据えてプレイしなければプラスになりにくいと思います。

ほかの攻略法なども組み合わせながら、実践してみてはどうでしょうか。

トップに戻る

バカラ必勝法

バカラの遊び方

バカラは、カジノではメジャーなゲームですが、スロットやルーレットなどよりかは、知名度が低いと思います。

カジノではブラックジャックと肩を並べる、トランプを用いたゲームです。

プレイヤーとバンカーのどちらか、カードの数字が9に近い方が勝ちというものです。

ブラックジャックとの違いは、バンカーのカードはプレイヤーが引くカードではありません。

平たく言えば、ブラックジャックのゲームを予想して、どちらが21なのかを予想するゲームと言ってもおかしくありません。

ですので、プレイヤーかバンカー、もしくは引き分けのどれかに賭けます。

ただ、どのカードの組み合わせで出るか、ペアかどうかなどの賭け方もできるため、ブラックジャックよりも独自のルールが多く、複雑と言えば複雑です。

ですがその分、少し慣れれば非常に奥の深い遊び方ができます。

オンラインカジノをやるなら、是非ともバカラをやってみてください。

バカラの必勝法

バカラのルールはルーレットのように単純明快で、どれが当たるかを予想するゲームです。

どれに賭けても運任せで、ルーレットのようにチップの賭け方、どの組み合わせで出るか程度の違いしかないように思われますが、実はバンカーは、プレイヤーよりも後に3枚目のカードを引く=プレイヤーは先に3枚目のカードを引いてバーストする可能性が高いため、バンカーの方が若干勝率が高くなっているのです。

配当がバンカーの方が若干低いことからも分かると思います。

勝つためにはまず、バンカーに賭けるというのがバカラの基本であり、大原則となります。

チップの賭け方、考え方はそのあとで考えるようにしましょう。

トップに戻る

ブラックジャック必勝法

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは21になれば勝ちですが、配当が一番高いのは、ブラックジャックという役です。

ブラックジャックではA11で、ジャックやクイーンといった絵札は全て10と換算されます。

つまり、初めに配られたカードがAと絵札だった場合は最初からブラックジャックとなり、配当が2.5倍になるのです。

当然、確率は低く、ディーラーの方がこれを出す可能性もありますが、基本的には2倍の配当が2.5倍になるのはとてもお得に感じますよ。

ブラックジャックの保険

自分の最初の手札がAと絵札だった場合は大丈夫ですが、ディーラーも同じくAと手札になる可能性もあります。

このとき、「インシュランス」という保険金をかけることができます。

ディーラーに1枚目のカードが配られたとき、Aだったとしたらインシュランスをかけるかどうかを尋ねられます。

賭ける場合は、自分がそのゲームで賭けた金額の半額を保険金として上乗せします。

もし2枚目が絵札で、ディーラーにブラックジャックがそろったら、賭けた保険金の2倍が返ってきて、保険金も払い戻されるのです。

これは絵札ではなく数字10も同様です。

ただし、2枚目が絵札でも10でもなかった場合は、かけた保険金は払い戻されません。

このインシュランスは確率的にもあまりお勧めされません。

ですが、上手くいけばプラスになるので、ほかの人のカードなどを見ながらトライするか決めていきましょう。

ブラックジャックでできること

ブラックジャックはヒットでカードを増やし、1920など、21に近いところでスタンドをしてディーラーと勝負するというのが基本的な進め方です。

ですが、プレイヤーは場合によっては以下のようなこともできます。

トップに戻る

・ダブルダウン

カードを1枚引いてスタンドになる代わりに、最初にベットした額と同じ額を上乗せする

・スプリット

最初に配られたカードが2枚とも同じ数の場合、二つの手に分割できます。

2つ目の手にも、最初にベットした金額と同じ金額をかけ、ヒットやスタンドを決めていくことができます。

ブラックジャック必勝法

ブラックジャックにおいてポイントとなる部分をいくつかまとめていきたいと思います。

プレイする前には、是非参考にしてみてください。

まず、ブラックジャックの基本として、伏せてあるカードや次に引くカードは、すべて10と予想することが原則です。

ブラックジャックにおいて、10となるカードは数字の10、ジャック、クイーン、キングの4種類、枚数では16枚にも上ります。

これは全部のカードの3割です。

となるとおよそ3枚に1枚は10を引く可能性があるということです。

伏せてあるカードはどれかわかりませんが、10の可能性が高いのです。

これを応用してみると、手札が11以下の場合は無条件でヒットして大丈夫と言えます。

次のカードを10と予想して、ある程度の流れを組み立てると、長期的にプラスになりやすいということです。

N

・12より16の方が強い

ディーラーは、17以上になるまでカードを引き続けなければなりません。

つまり、最後の手が16以下になることはあり得ません。

ディーラーは17以上の数字、21以上の数字のどちらかになります。

これを踏まえると、16の時でヒットをしたらバーストしやすく、不利だということです。

12の時でヒットをしてバーストになるのは、10を引いたときです。

10の数字は全体の3割ほどですが、16の時に引いてバーストになるという6以上の数字は、全体の6割もあります。

1612よりも、次のカードを引いてバーストする可能性が高いのです。

ですので、16の時にはヒットをしないという選択がおすすめです。

N

・手札が12以上の時、ディーラーの表向きのカードが6以下の場合はスタンド

ディーラーの持つ、すでに表向きになっているカードがAを除いた6以下の場合はバーストしやすいと考えられます。

表向きのカードが6の時、伏せているカードを10とした場合は16になります。

前述したように、16はバーストしやすいうえに、ディーラーは17以上になるまでカードを引かなければならないため1枚引くということです。

組み合わせると、プレイヤーの手が12だった場合、ディーラーの表向きのカードが6以下ならヒットせずにスタンドした方が良いということになります。

N

・ディーラーの表向きのカードが7以上の場合は17以上で勝負した方が良い

上記の反対で、6以下ではなく7以上の場合は17と予想できます。

ということはディーラーは17でスタンドとなり、こちらは17以上でなければ勝てないのです。

N

・自分の手札が9,10,11の場合、ディーラーを見てダブルダウン

何度も書いているように、10になるカードはとても多いものです。

つまり、プレイヤーの手が91011の時はダブルダウンを考えるのに、とても有効なのです。

ダブルダウンは1回ヒットののちスタンドすると先に宣言する代わりに、チップを倍にできるというものです。

プレイヤーの手が91011で、なおかつディーラーの表向きのカードがA以外の6以下の場合にはダブルダウンをする選択も考えてみてください。

N

・AとA、8と8の時にはスプリット、5と5、10と10の時にはスプリットしない

スプリットとは、最初に配られたカードが同じ数だった場合、それぞれを分けて二つの手にするというものです。

AAだった場合にスプリットした方がいいのはお分かりかと思います。

88の場合は、スプリットをしないと16となってしまうためです。

16の手札が、16ではなくなるチャンスができるのはとても便利です。

55の場合は10となり、次に10を引いたら20になりますし、1010は配られた時点で20となるのでスプリットしない方が良いと思います。

N

・Aが入った17以下は、ディーラーの手を見てヒットするかを決める

A11となりますが、20以下の時にAが入っている場合、次にヒットをしてもバーストすることはありません。

なぜかというと、A1とも数えられるためです。

つまり、手札がA5などの場合でも、次にヒットしたカードが2から5であればとても強い手になりますし、大きな数字を引いた場合でもバーストすることはありません。

これを利用して、プレイヤーの手がAの含まれた17以下の場合で、前述のようにディーラーの表向きのカードが6以下の場合はスタンド、7以上ならヒットをするのがおすすめです。

N

・インシュランスとカウンティングはお勧めできません

インシュランスはディーラーの表向きのカードがAの時にかけられる保険です。

10のカードの確率は30%ですし、万が一ブラックジャックだとしても配当が21なため不利であることには変わりません。

また、カウンティングという攻略法がありますが、これは通用しない可能性が高いです。

カウンティングとは過去のゲームなども含めて場に出たカードに点数をつけ、カウントしていくというものです。

A10、絵札はマイナス17から902から5はプラス1などと決めて、場に出ているカードの合計点数を計算していき、プラスなら自分に有利、マイナスなら不利で、掛け金を減らしていくという方法です。

リアルでのカジノでは1組のトランプを使い切るまで使いますが、オンラインカジノは1ゲームごと、もしくは不定期ですべてのカードをコンピューター上でシャッフルする可能性があるためです。

ただし、どのタイミングでシャッフルするかが分かれば、この攻略法は非常に有効になります。

また、このカウンティングはフリーソフトなどに任せることもできますので、興味があれば調べてみてください。

また、ブラックジャックそのもののシミュレーションソフトもフリーソフトがあります。

これはその場の最善手をシミュレーションして解析してくれるというものです。

配られたカードと残りのカードから解析して、確率計算してくれるためとても便利です。

トップに戻る

ギャンブルは嗜癖しやすいので、気をつけてプレーすることに注意!止めよう止めようと思いながらも止めることのできないという習慣になってしまったら、ギャンブル依存症になったということです。その場合は必ず周り、また医者から助けを求めること!

  • Readers Rating

  • Rated 4.9 stars
    4.9 / 5 (307 )
  • Your Rating